今日もタックル・オブザイヤーネタを。
2016年を振り返って、活躍したシーバスルアーTOP3をご紹介しよう。 
みなさんもぜひ、馬込川で試してみて下さい。


 
ranking_ninki_text
ranking01

★ranking01★

水面直下で敵ナシの逸品

水面下30cmをキープすることを的に絞ったシャローランニングミノー。
空気抵抗の少ないリップとマグネット固定重心移動システム採用。
キャスタビリティーとタイトなウォブルロールアクション。





ranking02

★ranking02★

ハンドメイドミノーがもつアクション感度の良さと、プラスチック製ミノーのキャスタビリティ、その双方を融合させた新世代のミノー。
バスのみならずトラウトにシーバスにと、幅広いジャンルで使用されている。



ranking03

★ranking03★

クラス最高峰の飛距離と、オーバーアクションを避けた水に馴染む適度なアピールが、パイロットルアーとして新たな世界を切り開く。






あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。