今日はタックル・オブザイヤーネタを。
2016年を振り返って、活躍したタックルTOP3をご紹介しよう。 
みなさんもぜひ、店頭などで手に取ってチェックしてみて下さい。

 
ranking_ninki_text
ranking01

★ranking01★

しっかりと作られており、用途も細分化されています。保証の免責額が安いのがおすすめ。




ranking02

★ranking02★

感度、振り抜けの良さ、ラインナップ、パワー、どれをとっても死角がない。



ranking03

★ranking03★

国産、自社釜は安心できる。コスパもよい。