朝から強い日差しが照りつけて、気温がみるみる上昇する。

    連日猛烈な暑さが続いているので、皆さん熱中症には気を付けたいですね。






    とある日の釣行。

    表層系のルアーを入れて、1本取れた後のアプローチ。

    ボディーバランスのよいサイレントジャークベイトや水面直下敵なし系のローリングミノーで探るも釣れる気配がない。

    ベイトの動きからその場に鱸がいることはハッキリしている。

    この激スレ状況からの1本が今年のテーマ。

    数々の修羅場をくぐり抜けてきた鱸をこの状態から喰わせるのは難しい。

    それを打開する方法は、何か変化を加えた動きしかない!

    ①ダートからのただ巻き

    ②タダ巻きからのダート

    ③方向を急激に変える

    今回は③を選択してみた。

    このルアーは障害物にあえて接触させる事によって、連続的なイレギュラーダートアクションを発生させることが可能である。

    障害物に接触すると軌道が変わって、そして、その不安定な状態でもひたすら泳ぎ続けることができる。

    それがバイトチャンスを掴む一つのアクションとなっている。

    ボトムのベイトを意識したシーバスに口を使わせる一つの方法として私はこのルアーを使っている。

    BlogPaint 

    静岡県西部地区でBlueBlueガボッツをお探しの方に朗報♪

    イシグロ磐田店さんでガボッツを発見!

    なんと新色の「リアルアユ」がおいてあるじゃないですか!

    bsiad6jrjdw7puab9eeo-235594a6.jpg

    シャルダス20やブローウィン80Sもあり、BlueBlueの品揃えは充実してますね。

    お探しの方は3月にリニューアルオープンしたイシグロ磐田店を覗いてみてはいかがでしょうか♪

    「店舗案内」「アクセス」
    http://www.ishiguro-gr.com/fishing/shopinfo_format.php?id=9

    ※在庫状況を確認することをオススメします