HAW75_tamagawatojitensya_TP_V1



フローティングジャークベイトに求めるものとは何だろうと考えてみた。





ストップを入れた時の一瞬の挙動変化と、次の巻き始めの動きの鋭さ。

この二つは重要ではないだろうか。


ルアーに襲いかかろうとしていた鱸が、ストップを入れた瞬間にUターン。
 
こんな経験は誰でもあると思う。


サスペンドルアーは別だが、フローティングルアーは止まった直後に浮上という動作が発生する。

そこに不自然な動きが加わると喰ってこない。

ホバーリングしながらスーっと浮いてくるような自然な動きがよい。

そこからの鋭い動きだしを演出できれば、深いバイトを得ることができそうだ。


固定重心が有利なのか、それとも素材を選ぶのか。

言葉では表現するのか難しいが、スーと泳がせて、ふわっと浮く、水面に出た瞬間に、またスーと泳がせる。

この繰り返しで非常に良く釣れます。