BlogPaint






淡水域で鱸を釣るということは、どういうことだろう。

生き物の命の数には限りがあり、遡上する個体はそれ程多くはない。

リリース前提で釣りをすると決めてから、僕は一人のアングラーとして鱸と向き合ってきた。


情報に左右されないオープンエリアでの釣り。

季節の変化を楽しみながら、釣りを組み立てていく。

“自分の好きなルアーにつきあってくれる魚を獲る”

そんなスタイルで行きたいと思う。


先発はケラ。

シャローをゆっくり引いてくる。

一見バイブレーションのようだが、ロールを交えながらS字に泳いでくる。

アクションを加えると身震いするような動きをするが、動かし過ぎてしまうとよくない。

ただ引きするだけで常にダートし続けるのでノーアクションで表層〜中層を引っ張ってきた。

すっとストラクチャーから出てきて、ケラを襲ったのは中型の鱸だった。


次はスネ子を竿先に結んだ。

ピンスポットの数メートル先に音に気を配りながら着水させて、水にしっかりと馴染ませた。

ゆっくりと蛇行させながら、下流に流してきたスネコンを中型の鱸がひったくっていった。

掛けた瞬間、サイズの割に豪快な水柱が上がる。

広大なフィールドにも、目に見えない釣れる要素が多くあり、そこに鱸がいる理由がある。

未来に悲観的になり魚の存在すら懐疑的にならないように、僕はリリース前提の釣りを続ける。