BlogPaint


はい。
今回も鯰の話し。








柳の下の泥鰌


一度柳の木の下でどじょうを捕まえたからといって、いつも柳の木の下にどじょうがいるとは限らないことから、たまたま幸運なことがあったからといって、いつも同じようにそれを得られるわけではないということ。

ドジョウはいませんでしたが、鯰クンはいました!
このポイントの鯰キャッチ率は100%です♪
今回も釣果は二桁!!
Hitルアーはガボッツ90

鯰の釣り方であるが“初夏のデイ鯰でのトップゲーム”がオススメ。
ナマズをルアーで釣るといえば、これはもうトップで狙うことだと私は思っいる。

ナマズはトップで釣るのが楽しいのだ。
だから私はトップで狙う鯰釣りをおすすめする。
うまくコースを通してあげればバコッ!と食ってくる。

ナマズはどこにいるのか?
ナマズは、水深が浅い場所なら何処にでもいるんじゃないかと思えるほど色々なところにいる。

・インターセクション
・アシ際
・ベンド
・落ち込みなど

しばらく、鯰釣行は続く