EbRs5a2VcAETJbC




梅雨の時期は、そのポイントにいる魚がどれだけ見えているか。

それによって、結果が大きく違ってくるのではないでしょか。

ストライクのパターンをつかめばgoodサイズと出逢えるのも、この時期の魅力です。



夏の鱸は広範囲にベイトを追っています。

立ち込んだ足元にもさしてくるため、Gaboz!!!90のような一口サイズの水面直下系ルアーによく反応します。

絞り込んだエリアを丁寧に丁寧に探っていけば、必ず答えは返ってきます。





Gaboz!!!90は広いエリアで魚を呼ぶ力をもっていることを今回の釣行で確信しました。


w3esnzsf5zmtdkcv2txy-a3a72192.png


出典:BlueBlue HP




何もないオープンエリアにも、流速の壁というものが存在している。

それを利用して鱸を探していくのだが、その方法の一つとしてGaboz!!!90を使う。



実釣の日、Gaboz!!!90を10分程キャストして反応があった。

この日は流れと風の向きが一緒で、かつ弱かった。

Gaboz!!!90が得意とする流れであった為、いい波動を出しきっていた。



小さなニアシャロー。

鱸の居場所がピンでわかっていたため、ミドルポッピングで魚の注意を引いた後に深いバイトがでた。



トップは着水後1アクションまでが、勝負の半分くらいを占めていると思います。

広範囲の魚にアピールをしたい場合は、スネコン90のようなS字もいいだろう。

大きさなのか、色なのか、波動なのか、速引きかスローなのか。

Gaboz!!!90は流れを切るような動きはむいていないと思いますが、着水後、ポップ音を数回出して、あとは流れに乗せ巻く。

ポーズを入れる時はしっかりと食わせの間を入れる。



スイミングポッパーの名の通り、動かす楽しさを再認識させてくれるルアーでした。


mamechi1110013_TP_V