KAZ7842_P1100840_TP_V1


はい。
今回はリップ付きミノーについて書いてみようと思います。




シークレットルアー

トラウトやバスルアーでシーバスが釣れる話をよく耳にする。
キビキビとしたアクションに好反応を示す個体も多いのだろう。

一部のバスプロたちの間でシークレットルアーとされていた
「ターゲットミノー」でシーバスが爆釣した話は有名だ。


ターゲットミノーについては、ばんぱくさんのログに詳しく書かれています!
続つれづれなるままに★その日暮らし

アスリートSのみで釣りをしていたシーズンもあったが、前年と比べて釣果は減ることはなかった。
早く巻いてもデッドスローでも魚のバイトを誘い出す絶妙なアクションをして、様々な使用状況に対応できる能力がある。
わかりきったポイントでは出番はほとんどないが、バランスのとれたいいルアーだ。

撹拌流は鱸釣りにマイナスなのか?

アクション次第ではリップ付のルアーでも納得できる釣果を得ることができる。

例えば、重心移動のリップ付きミノーでもバチの釣りだってできる!
自分の好きな釣り師が、僕らアングラーへ遊び道具を1つ提供してくれた。

追い求めているテーマは 「オープンエリアでの数釣り」
手持ちのルアーでのローテーションパターンから数釣りに適したものを導き出したい。
トラウトルアーなのか、バスルアーなのか、オールドウッドルアーなのか、廃盤ルアーなのか・・・
信じるルアーを使い続けたら、どんな新製品よりも釣れるルアーになる。

遠くに飛ばすことは、本当に必要なことだろうか?
大切なのはルアーではなく、キャスティングフォームにも問題があるのでは?と疑問を持つ事だ。

僕らは手持ちのルアーを否定するほど釣りをしてきたのだろうか?
ボックスのルアーをよく見てみると、
もうここに十分あるだろ?とルアー が語りかけてくる。

勧められたルアーで釣果がでなかったのは、自分の腕が未熟だっただけじゃないだろうか?
まだ、自分には見えない世界があるんじゃないか?
派手な販促記事のルアーが沈黙するなか、満足のいく釣りができた。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。