1460434647468


はい。
今回は、ベイトシーバスでのPEについて書いてみたいと思います。

筆者も含めて、潜在的な「ベイトタックル願望者」は、多いと思われます。
ベイトリール、PEのタックルで魚を掛けた時のダイレクト感は、
スピニングリールでは得られない感動がありました。
この記事が「ベイトシーバス」をやってみようと思う方の参考になれば幸いです。




今回、新たに使用しているPEライン

1460378915174

【メーカー説明文】
G−soul X8 UPGRADE
特徴
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。
 号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。
アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。
更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。
ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。

初回の感想

コシが強く、見た目は柔らかいナイロンラインのようです。
コスパ的にも8本撚りでこの値段は安いと思います。
感度もよく、潮流の変化を捉えやすいです。

バックラッシュは表面だけ絡まり、修復が簡単でした。
色も蛍光グリーンで視認しやすいですよ。

1.5号を購入しましたが、思った以上に細く感じます。
表示通りの強度があれば、前回のラインのように数回の釣行で切れることもないでしょう。

色落ちや耐久性については調査中。

ベイトシーバスをはじめて、1ヶ月が立ちました。
鱸を30匹程かけましたが、バイトをはじかれたことは一度もありません。
ファーストテーパーの竿は柔らかめで、誰にでもオススメできるスタンダードな竿です。

リールは淡水用のものですが、リバーシーバスがメインですので問題ないと思っています。
セッティングに苦労していますが、マニュアル感があって楽しんでいます。
やや重量はありますが、ロッドが8ft以上ありますのでやや重めの方がしっくりきています。
海外製ですが、国内でオーバーホールが受けれるようですので、オフになったら記事にしたいと思っています。

ラインは本当に悩んでいますね。
選ぶまでの迷いや葛藤まで含めて紹介できていけばいいなぁと思ていますので、今後もSeaBakuを宜しくお願いします。