OHT92_setugennoyuugure_TP_V1


はい。
今回はSeaBaku実釣編 「真冬のナイトシーバスにチャレンジ!!」と題して、極寒期の夜間釣行について書いてみようと思います。
釣り人も少なくなるこの時期、どのように攻略したか、釣行の参考になれば幸いです。





2015年12月 某河川
河口域に停めた車のなかで、タックルのセッティングをはじめていた。
連日の仕事を終え、オフとなる貴重な一日を通い詰めたこの場所でおくることは特別なものとなる。

シーバスフィッシングは、自然に親しみ自由になれる大切な時間の一つだ。
釣り人の少なくなるこの時期だからこそ、難易度の高い冬シーバスに挑みたい。

冬の定番の一つ、ハードボトムに狙いを絞り、ゴロタ石を丁寧に探る。
ロッドは食い込みのよいティップの柔らかいモノを選び、サスペンドルアーを流す。
やるきのないシーバスに、魅せて止めて喰わせる作戦だ。

「冬の釣りをやっていると、釣りが上手くなりますね」
「どうやったら、シーバスが釣れるか試行錯誤するから」
「秋だったら、何を投げても釣れることもあるでしょ」

風が強くなり、残された時間は少なくなってきた。

ハイシーズンを過ぎ、鱸は海へと落ちる。
川に残った鱸は少なく、釣れることが奇跡だったりする。
その中で通い続けるアングラーに幸運が舞い降りる。

初心者でも気軽にいけるフィールドではあるけれど、通い続けるにはむずかしい。
「釣れる」と言い切るには、まだ程遠い。

データーや情報にとらわれず、その場の状況を肌で感じるまでには時間が掛かるが、
やり続ければ必ず答えが見えてくる。

そして、ヒット、慎重にやりとりをする。
ランディングに成功して、一安心。
釣りってのは釣れても釣れなくても楽しい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。