yuka16011215IMG_5574_TP_V1


はい、こんにちは。
今回は、ルアーのカラーについての続きを書いてみようと思います。

なんだか、難しいテーマですので、軽く流してくださいね。





 

眼の構造から考えると答えが見えてくる


ルアーフィッシングで、追尾してきた魚が反転することがよくあります。
魚には死角、片眼視野、両眼視野があるのだが、魚はルアーを発見するとそれが餌なのか確認できる距離まで近づき、両眼視野の範囲で距離感をはかります。

追尾してきたシーバスに口を使わせるために、ここでアクションにタメが欲しいですね。

ルアーを魚にじっくり見せることになるが、見切られないように餌っぽさを演出するテクニックか、絶妙の浮遊感が必要になります。
そこで、魚の食性を刺激する1つの要素としてカラーがあると私は考えています。

あたりカラーは存在する


カラーに関しては未知の部分があり、これから解明されていくと思うが、御当地カラーと呼ばれるある特定のフィールドに特化した色が存在するようです。

例をあげると、横浜で実績のある「グリーンゴールド」「アクセルオレンジシャッド」があります。
オレンジ色のナトリウムランプ下で爆発的に釣れることがある色です。

ワンダーなど、カラーバリエーションが豊富なルアーはこの手の話題は尽きない。
理由ははっきりしないが当たりカラーというのは存在するので、誰しも興味をひかれると思います。

プロが推薦するカラーはどうでしょう。
例えば大野のハッピーレモンなど。あたりカラーとなる場合もあるのでチェックしたいですね。

自分が絶大な信頼をおくカラーもあるが、それを見つけた時はとても興奮しました。
他のカラーが沈黙するクリアーな水色の時に抜群に効果がありました。
“月光ホワイト”"にも釣れる理由があるはずだが、まだ結論までいたっていないのが残念です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。