YUKA160113560I9A4099_TP_V1


はい、こんにちは。
今回は、ルアーのカラーについての続きを書いてみようと思います。

なんだか、難しいテーマですので、軽く流してくださいね。





目立つカラーだからよいのか?


一瞬ルアーの存在が消えるカラーリングをする。
色のマジックに主観をおいているため、一瞬ルアーの存在が消えるカラーリングをするとよい結果がでるとこが多かったです。
色のマジックに主観をおいているため、単色を使うことは稀です。

魚に見せることだけを考えているとチャートならなんでもいいじゃないかということになりますが、あえて見せないテクニックもあると思います。

魚も脳を使って判断する場合と反射的に喰ってくる場合があるので、あえて見せないという考えなのですが、暗部をブラックで攻めて、骨髄反射を期待します。魚のついている位置が把握できていれば、背中側からのアプローチだってありではないでしょうか。
 

動きと、カラーはそれぞれヒットを高める要素として何かが隠されている

水深1メートル以内のルアーフィッシングなら、太陽光が十分届くため、ほぼ確実に色が識別できます。
このあたりの水深で勝負する場合、カラーは大いに関係ありそうな気配ですね。

例えば、メジナは赤色に対して忌避反応を示します。ここから魚に色彩感覚があることがわかります。浅いところで勝負するシャローの釣りが鱸の食性をくすぐるもので、色の選択というテクニックを必要とするのには釣り人の満足感を満たすのに足りる醍醐味があるのではないでしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。