paku_klajsdkfjas_TP_V


はい。
今回は、冬のシーバスパターンについて書いてみようと思います。

冬は釣りに行く人もグッと減り、情報が少ないこともあって魚は釣れないと思いがちですが、
パターンさえ外さなければグッドサイズのシーバスと出逢うこともできます。





冬の消波ブロックパターン

【タイミング】
深夜の上げ潮で魚が入ってきて荒食いモードになる。

【釣り方】
河川から鱸が海に下り始めると、11月の季節風によるパターンが存在する。
川の水温が15度を切ったら淡水域の鱸は海に落ちだす。

新月・満ち潮・深夜・そして北風。
季節風によって海は荒れ状態となって、北向きの消波ブロックに濁りが発生しベイトが吹き寄せられる。

これを狙って、産卵前の大型の鱸が集結する。
この冬パターンは深夜の上げ潮で魚が入ってきて荒食いモードになる.。

冬の河川パターン


【タイミング】
朝夕のマズメ時にはベイトが回って来る事も多く、時合いは短い。

【釣り方】
①ボラが集まる場所に注目!
場所を探すのに欠かせないのがボラの存在。
ボラは暖かい水温を好む性質があるので、ボラが溜まっているエリアの水温は、他の場所と比べて少しだけ暖かい。
近くにシーバスも居る可能性が高い。

②風を避けられる場所
強い風が吹くとその周辺の水温は下がってしまい、ベイトも水温の低下を嫌う。

③護岸
流れの中より水温が安定しやすい護岸にシーバスが着いている。

④水深のあるエリア
水温が下がってしまうエリアよりは、まだ安定している。

冬のサーフパターン

①まずは実績フィールドの最新情報を集める
②北西風が3日以上続いた日
③イワシが接岸しているか
④水温は15℃前後か
⑤離岸流やゴロタが絡んでいるか
⑥日の出日没の前後30分
⑦マズメと下げ潮が重なっているか
⑧実績ルアーを投げているか

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。