YUKA160113420I9A4104_TP_V1

はい、こんにちは。
今回は、ルアーのカラーについて書いてみようと思います。


なんだか、難しいテーマですので、軽く流してくださいね。




このカラーは釣れる

よく耳にする言葉ですよね。
このフレーズにルアーマンは弱いのではないでしょうか。

私も限定カラーと書かれたパッケージを見るとつい手にとってしまい、購入していた時期があります。

カラーについては一応のセオリーはあるものの未知の部分があるので、各々が経験則や帰納的推論から導き出している事が多いのでは。

このカラーは釣れるの言葉はこのようなところからきているので、ポイント、季節、水色、光量、リトリーブ速度、水深、魚の学習状況が同じような状況であれば、このカラーは釣れるになるのではないでしょうか。

正確には、経験豊かなアングラー程、ある状況下ではこのカラーが抜群に効果があるということを知っているので、結果として引き出しの多さに繋がっているのでしょう。

釣れないカラーはない

刻々と変化するフィールドにカラーローテーションのみで対応するのは難しいので、私は視認性が高い部分を含むカラーを好んで使っています。
ルアーがどんな動きをしているか分かれば漫然と投げているよりも楽しいのではないでしょうか。

ミノーの釣りで数釣りをしようとすると、誘いをかけてバイトを作り出していく必要性があります。
やる気のない魚に対してリアクションバイトを誘うわけですが、この場合強いあたりは少ないです。

なぜなら、ミノーがヒラをうった時に背中側にバイトして、テールフックが外掛かりしてしまうケースが多いからです。

比較的浅いレンジを視認性の高いルアーで釣る理由の一つは、アワセのタイミングを見極めやすくするためなのです。

視認性が高いカラーだから釣れるということではありませんが、トレースラインや位置を常に把握することは、バイトの瞬間にフッキング動作に入るために意識しておく必要があると考えています。


続きは次回ということで

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
あなたにも、私にもいいことありますように!あなたの“爆釣”を心より願っています。