ike





 スズキってどんな魚なんだろうか。



腕前はというと下手の横好きだが、この頃得た知識は少なからず役に立っていると思う。

伊豆に青野川という川があるが、その上流の下賀茂温泉近くで釣れたらしい。

温泉と釣りの両方を楽しめたら最高ではないだろうか。

江戸時代には群馬県高崎付近でシーバスが釣られていたと記録があると書かれていたが、文献名までは書かれていなかった。



 ポイントについて考える



日本人には100の要求があったとしても、60~70の要求をだしあってみるという「譲り合いの文化」があったと思う。

しかし、最近では100の要求があったら、まず200~300の要求をぶつけていくという「欧米型」の人が増えてきたのではないだろうか。

最近、釣り場にも距離感を保てない人がいる。

お互いプレッシャーの高い野生の魚を狙っているのだから、先行者への配慮は必要ではないだろうか。

ホームである河川は、狭い範囲の中に橋が多い釣り場。

アングラーが重なることも多い。

深夜の暗がりでの釣行が多い私は、あまり人とバッティングしないが、

橋の上から釣りをしないとか、順番待ちを守るとか、ルールとまではいかないが、守るべきマナーがある。

私としては、努力している人が有利な釣り場であってほしい。


 同じフィールドに立ったら、せめて笑顔で挨拶くらいはかわしたいものだ。