magome


とある夏の釣行。

水位的には、いい感じのタイミングで着いた。

表層を意識した魚が、ベイトのこぼれるのを待ち構えている。

シャローからボトムへ向かって、なだらかに落ち込むブレイクに阿修羅を流していく。

タダ巻きからチョンと軽くアクションさせ、阿修羅が浮上したところで水面が割れた。

浮力の強いこのプラグは、ミノーというよりトップと言ったほうがいいかもしれない。

次はケラをいれてみる。

オートマチックにダートするこのプラグは重さの割に表層を泳いでくる。

最後は、ブーツを流して1バイト。

これにて納竿とした。