気軽にアクセスできる河川釣行。

だけど、ちょっと行ってすぐに釣れるほど甘くない潮の釣り。

梅雨前の、天候が崩れそうな日のマズメゲーム。

雲天の合間に太陽がのぞき、超シャローの水温を保っている。

水の冷たさを肌で感じながら、この潮でこの場所ならばシーバスと出逢えるのではと期待をもってウェーディングした。






こんな日に僕がよく使うのは、S-Talk です。

特に流れが緩いときは、アシ際をタイトに狙います。

時々、アクションを入れながら、緩急をつけて誘っていくと効果的です。

ボトムが掘れて変化があり、少しでも川幅が狭まっているところは流れがでやすい。

水深が1メートルないシャロー帯であることと、水面近くで存在感があり小さくてもアピールができるルアーということで、僕はこのルアーを取り出した。

水面直下を意識したシーバスには、S-Talk 強いですね。

S-Talk はカップは小さいのだけれど、水面に泡をかませながら引っ張って、ちょっと軽いアクションを加えると魚が口を使ってくれる。

“小さくてすごいヤツ”それがS-Talk です。








「シーバスはいる」という確信が重要!

魚がいないとか、スレているとか、思い込みは大敵だ。

ド真ん中のパターンをつかめれば、きっと釣りが楽しめる。






S-Talk
の音や泡に触発されて、魚が水面を意識し水面を割った。

magome s-talk

他のルアーでは反応がなくてもストークを投げれば釣れた...と耳にすることがよくあります。

今回の釣行が、それが真実であることを明らかにしてくれました。

音で寄せて泡で誘ってバイトに持ち込むクロダイポッパーS-Talk
S-Talk

引用:Rexxt公式HP