低気圧の接近で、海から逃げ場をもとめて鱸が河川内にはいる。

気圧が下がると鱸の活性が上がっているはず。

水質が回復するのを待って、馬込川最上流アタックを開始した。

去年までは、新川との合流点あたりが最上流記録であったが、今年はもう少し上まで行ってみることにした。

川に水草が生えていて、こんなところに?と思うが、1投目にHit!

上流に行けば行くほどサイズは小さくなるが、釣行タイミングを選んでいけば、まだまだ上が狙えそうだ。

マスゲンさんのように街中に釣りに行くのもいいかもしれない。