シーバス爆釣ブログ 〜SeaBaku〜

ルアーフィッシングって身近な遊びなんだということを伝えるブログ/新商品情報・実釣動画・テクニック等

      バスデイ・フィールドスタッフ〝カッキー〟こと 岡澤孝幸氏が和歌山県・紀北エリアで、シュガペン70Fを使用してクロダイを連続キャッチ!〝禁断の餌ルアー〟と言われるシュガペンでの迫力あるバイトシーンをお楽しみください。また、シュガペン70Fの使い方も詳 ...

        5つのコツを実演!2018年5月21日配信 ランカーハンターで知られる久保田剛之さんが大型シーバスを釣るための「ただ巻き」について解説。リールハンドルの握り方からただ巻きでのポイントの探り方まで5つのコツを実演!今回の釣り動画は ランカーシーバス ...

        【釣り人イジメ?】パン鯉してたら警察とマジ口論に今回の釣り動画は【釣り人イジメ?】パン鯉してたら警察とマジ口論に を紹介。【動画の内容】釣り禁止エリアでないところで、パン鯉をしていたら警察官から注意された!もし、同じようなトラブルになって ...

      スカジットデザインズとFishmanのコラボレーション。「Fishmanオリジナルカラーパンプキン」が来週以降いよいよ店頭に並びます!発売に伴い、フィールドテスター上宮がパンプキンの解説動画を撮影してきました。ドローン空撮・水中撮影あり、ロッドワークでのア ...

  季節は梅雨。静まり返った深夜釣行。ちょっと暑くなってきたかなという、メジャー河川の合流点。 有名な場所だけあって、先行者もいた。かなり、たたききられた後での、ブルーブルーシャルダス20の実釣をしてみた。ベイトタックルでのシーバスゲームは、昔から行われてい ...

「鱸釣りとは探すゲームである」 梅雨の時期、釣れるか釣れないかというと、場所次第だろう。ベイトは、ウグイやフナ又は甲殻類など、川に定着してる生き物である。 泳ぎの遅い魚が捕食対象ならば、ルアーでの演出も早巻き以外の方法が必要になってくる。その場所に確実に魚 ...

      港湾部で威力を発揮する、港のジェームズ。なまめかしいゆらめきスイング、明滅効果、更にはレンジキープを容易にした、扱いやすいシンペンです。「ジャクソン 港のJames ジェームズ」の特色①デッドスローリトリーブでもしっかり揺ぐスイングアクション。②固 ...

フローティングジャークベイトに求めるものとは何だろうと考えてみた。ストップを入れた時の一瞬の挙動変化と、次の巻き始めの動きの鋭さ。この二つは重要ではないだろうか。ルアーに襲いかかろうとしていた鱸が、ストップを入れた瞬間にUターン。  こんな経験は誰でもある ...

        2018フィッシングショー大阪 DUOプロスタッフ堀田光哉氏 & 高木孝氏による、ビーチウォーカーシリーズ新製品 ウェッジに商品解説動画。「デュオ ビーチウォーカーウェッジ 」の特色①スリムロングのシンキングペンシル。②ゆったりとしたスイングアク ...

そのポイントにいる魚がどれだけ見えているか。それによって、結果が大きく違ってくるのではないでしょか。釣れないからといって鱸がいないと思わないで、ストライクのパターンをつかめばランカーサイズと出逢えるのも、この時期の魅力です。  梅雨の鱸は広範囲にベイトを追 ...

      アピアからパンチライン130のご紹介!遠投性、泳ぎ共に追求した製品となっています!「アピア パンチライン 130 」の特色①サーフゲーム、磯のヒラスズキ、青物のキャスティングゲーム用に2フックシステム・貫通ワイヤーシステムを採用。②特徴はルアーの存在 ...

アングラーによって考え方や意見は違って当然であるが、結果的に同じ答えを導き出すということもある。プロアングラーのように釣りたいのであれば、できるだけその考えを理解しようと努めれば、きっと近づけると思う。 「どうしてジャーキングするのか?」ジャーキングにこだ ...

新作のルアーが発売されると、もしかして爆釣ルアーではないかと思い、ほしくなってしまう。 実際はこれといって凄いコンセプトのものは稀で、何年周期かで流行する動きのルアーが売られている。あれこれ手を出すと、動きの似通ったものでデザインが違うだけのルアーをいくつ ...

極寒期からはじまったシーズンは厳しいものとなった。 タイミングが合えば釣れるという感じだろうか。 水温が低くかったり冷たい雨が降ったりで鱸の活性も低いので、積極的にルアーを追っていないのも一つの原因だろう。 冬〜初夏のシーバスは様々な生き物を食べているため ...

【ガボッツ90】このルアーの中に、タネや仕掛けがふんだんに盛り込まれている。いわゆるビルトインアクションである。 長きにわたり残るルアーには理由があるわけで、ガボッツ90もそんなルアーになってほしい。リアルカラーやリアルシェイプのガボッツ90だが、実際に使ってみ ...

とある夏の釣行。 水位的には、いい感じのタイミングで着いた。 表層を意識した魚が、ベイトのこぼれるのを待ち構えている。シャローからボトムへ向かって、なだらかに落ち込むブレイクに阿修羅を流していく。タダ巻きからチョンと軽くアクションさせ、阿修羅が浮上したとこ ...

↑このページのトップヘ